SEO

被リンク獲得でSEOを攻略する方法とは?【デメリットも紹介】

SEOと被リンク

 

被リンクとは?SEOには効果があるの?どうやったら被リンクがもらえるの?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

被リンクは、他のサイトからリンクをもらうことを意味します。

 

そして、SEO対策としてかなり効果的な方法です。

 

内部リンクと違って、他のサイトから評価してもらう必要があるので、難易度は高めです。

 

被リンクを獲得するために必要なことはたった一つです。

 

それでは、被リンクとSEOについて、詳しくみていきましょう。

 

ポイント

  • 被リンクとは何か
  • 被リンクがSEOで重要な理由
  • 被リンクを獲得するためのSEO施策

 

被リンクとは?

 

被リンクというのは、他のサイトからリンクをもらうことです。

 

例えば、こんな感じです。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」

引用:Googleがユーザーのためにしていること

 

これは、Googleに対してリンクを貼っています。

 

Googleは、当サイトから被リンクを受けているということになります。

 

そして、被リンクはSEO効果があるということは、よく知られていますよね。

 

被リンクを獲得してドメインパワーをアップさせればSEO攻略ができる!

 

というような言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

被リンクはSEO対策に効果的で、SEO外部対策と呼ばれます。

 

しかし、全ての被リンクが、SEO対策に良い影響をくれるわけではありません。

 

被リンクにも、良いリンクと悪いリンクがあるのです。

 

良いリンク:ナチュラルリンク

悪いリンク:スパムリンク

 

それぞれを解説していきます。

 

SEO効果あり:ナチュラルリンク

 

ナチュラルリンクをもらえると、SEO効果があります。

 

具体的には、以下のような被リンクのことです。

 

  • 自サイトと近い内容を扱うサイトからの被リンク
  • ドメインパワーの強いサイトからの被リンク

 

同じ内容を発しているサイトからの被リンクは、SEO効果を発揮しやすいです。

 

例えば、あなたがデートで使うレストランを予約するとしましょう。

 

  • IT業界で働くAさんがオススメするXレストラン
  • ミシュラン認定店のコックがオススメするYレストラン

 

どちらの方が、良いレストランだと思いますか?

 

9割以上の方が、後者を選びますよね。

 

なぜなら、料理のエキスパートが太鼓判を押したお店だからです。

 

SEOでも同じで、似た内容を発信しているサイトから認められるというのは、正しい情報を発信している可能性が高いのです。

 

つまり、信憑性があります。

 

また、ドメインパワーの強いサイトからのリンクも、SEOから効果があります。

 

これも、レストランで考えてみます。

 

  • 見習いシェフがオススメする料理
  • 3ヶ月後まで予約が取れないカリスマシェフがオススメする料理

 

どちらの方が、すごそうな料理だと感じますか?

 

こちらも、後者です。

 

SEO効果も、PV数が多くて、ドメインパワーが強いサイトからの被リンクの方が、評価されやすいのです。

 

SEO効果なし(むしろ悪影響):スパムリンク

 

スパムリンクは、SEO効果がないどころか、むしろマイナス評価を受けることがある、悪質な被リンクのことです。

 

具体的には、以下のような被リンクです。

 

  • 自作自演のサイトから
  • アダルトサイトなどの公序良俗違反サイト
  • 自サイトと関係の低い内容を発しているサイトから

 

これらのサイトから受けた被リンクを放置すると、検索順位に悪影響が出ます。

 

自作自演のサイト(サテライトサイト)からの被リンクは、少し前までSEO対策として使われていた手法です。

 

しかし、これはブラックハットSEOと呼ばれる、悪質な手法を使ったSEO対策です。

 

今では効果がないですし、ペナルティ対象なので、やめましょう!
しゅん

 

アダルトサイトなどの、公序良俗に反するサイトからの被リンクも悪影響があります。

 

言うまでもなく、信頼できないからですね。

 

また、自サイトと関係のないサイトからの被リンクも危ないことがあります。

 

昔被リンクを購入するという、ブラックハットSEOがあったことが関係していると言われています。

 

被リンクの購入は絶対ダメです!
しゅん

 

被リンクの調べ方

 

良質な被リンクはSEO効果を発揮してくれるので、嬉しいことばかりですが、悪質な被リンクは定期的に削除しなければなりません。

 

ただし、最近ではGoogleは悪質なスパムリンクは無視するようになっているので、削除しなくても大丈夫になりつつあります。

 

被リンクの調べ方は、以下の通りです。

 

Google Search Console」に移動。

 

ダッシュボードの「リンク」をクリック。

 

サーチコンソールで被リンクをチェック1

 

すると、「外部リンク」にリンクが表示されます。

 

サーチコンソールで被リンクをチェック2

 

面倒ですが、ここから被リンクされているサイトをチェックしていきます。

 

被リンクを否認するための手順は、「サイトへのリンクを否認する」をチェック。

 

被リンクの削除もサーチコンソールからできるので、必要な人はチェックしてみてください!
しゅん

 

被リンクがSEOで重要視される理由

 

被リンクがSEOで重要なのは、Googleがこう言っているからです。

 

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。

(一部引用)

 

参考:「Googleが掲げる10の事実

 

Googleが、サイトのコンテンツを判断する際に、被リンクを基準としていると明言しています。

 

Googleは、アルゴリズムなどの詳細を明示しません。

 

その分、本質的で、なかなか変わらない本当に大切なことだけを明示しています。

 

つまり、具体的に書いてあるということは、今後も被リンクが重要な可能性が高いです。

 

被リンクはSEO対策に重要だという何よりの証拠ですね!
しゅん

 

被リンクをもらうメリット

 

被リンクをもらうことのメリットは、以下の2つです。

 

  • ドメインパワーが上がる可能性アリ
  • クロールされやすくなる

 

どちらも、SEO対策としてかなり効果的なものです。

 

それぞれを解説していきます。

 

ドメインパワーが上がる可能性アリ

 

ドメインパワーというのは、そのサイトが持っている力のことです。

 

ドメインパワーが高いと、検索上位に表示される可能性が高くなります。

 

Googleからの信頼性を、数字にしたようなものだと考えてください。

 

検索順位を決める際には、Googleのアルゴリズムは、200以上の項目をチェックしています。

 

その中に、ドメインパワーが入っていると考えられています。(Googleからは明示されていない)

 

つまり、良質なコンテンツ同士で競った場合には、ドメインパワーによって検索順位が変わる可能性があります。

 

そして、良質な被リンクを獲得しているサイトは、ドメインパワーが高くなる傾向があります。

 

結果的に、SEO対策になって、検索順位がアップしやすくなります!
しゅん

 

クロールされやすくなる

 

サイトの情報を集めるGoogleロボットであるクローラーが、自サイトに訪問する回数が増えます。

 

理由は、相手のサイトに貼ってあるリンクから飛んできてくれるからです。

 

これは、SEOにおいて大きなメリットです。

 

一般的に、クロール回数が1日に100回を超えると、正しいSEO効果が出てくると考えられています。

 

サイト開設初期の頃は、10回とかが普通だったりします。

 

しかし、被リンクを獲得すると、他のサイトからクローラーがきてくれます。

 

リンクを貼ってくれたサイトが、PV数も多くてドメインパワーが強いなら、クローラーの訪問してくれる回数もアップ。

 

こちらも、結果的にSEO効果が得られるようになります。

 

クロールに関しては、被リンクだけでなくSEO内部対策をしっかりしておくことも重要です。

 

SEOの内部対策について知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください!
しゅん
SEO内部対策 サムネ
【2021年版】SEO内部対策の攻略ガイド。チェックするべき20項目

  SEOの内部対策って何?具体的にはどんなことをチェックすればいいの?   今回はこんな疑問を解決していきます。   SEO内部対策は、Googleの検索エンジンに評価 ...

続きを見る

 

被リンクをもらうデメリット

 

メリットがあれば、当然デメリットがあります。

 

被リンクをもらうことで考えられるデメリットはこちら。

 

  • スパムリンクが多いとSEO評価が下がる
  • 悪質な被リンクは否認しないといけない

 

それぞれを解説します。

 

スパムリンクが多いと評価が下がる

 

悪質なリンクが多いと、サイトの評価が下がります。

 

こちらは、前半でも解説したので、すでにお分かりだと思います。

 

  • 自作自演のサイトから
  • アダルトサイトなどから
  • 自サイトと関係の低い内容を発しているサイトから

 

これらに該当する被リンクは、SEO評価を下げる可能性があるので、注意が必要です。

 

悪質な被リンクは否認しないといけない

 

被リンクは相手主導で行われるので、貼られてしまうのは仕方ありません。

 

しかし、放置すると悪影響が起きます。

 

なので、定期的にチェックして、被リンクを否認しないといけません。

 

相手のサイトをチェックして、自分のサイトと発信がにているか、公序良俗に反していないサイトかなどを見つけるのは、時間がかかります。

 

サイトが大きくなると、被リンクも増えるので、かなりの時間が取られることも。

 

Googleも悪質なスパムリンクを無視する方向になってきていますが、まだカンペキとは程遠いのが現状です。

 

面倒でも検索順位を守るため、SEO対策としてスパムリンクから自サイトを守りましょう!
しゅん

 

SEO効果のある被リンクを獲得する方法

 

良質な被リンクを獲得する方法を3つ紹介します。

 

  • 良質なコンテンツの作成
  • ユニークな画像・図解を作成する
  • 勝手に使っているサイトを見つけてリンクを貼ってもらう

 

それぞれを解説していきます。

 

良質なコンテンツを作成する

 

SEO対策において、原点にして頂点である「良質なコンテンツ」作成。

 

被リンク獲得のためにも、最も有効な方法です。

 

他のサイトから引用されるような、オリジナルのコンテンツを作成することを心がけましょう。

 

根拠を明示したり、実際のデータを提示したりできるとより効果的です。

 

ユーザーニーズを徹底的に調査して、良質なコンテンツを作成し続けましょう。

 

また、コンテンツ作りには、キーワード選定が重要です。

 

SEO攻略のために必要なキーワード選定法は、こちらの記事で解説しているので読んでみてください!
しゅん
SEOを成功させるキーワード選定 サムネ
【初心者向け】SEOを成功させるキーワード選定のコツを5ステップで解説

  しゅんSEO対策になるキーワード選定ってどうやるの?キーワード選定って重要なの?   今回はこんな疑問を解消していきたいと思います。   結論から言うと、SEOが成功 ...

続きを見る

 

ユニークな画像・図解を作成する

 

ユニークな画像は、引用されることが多いです。

 

そのため、参照元として被リンクをもらえることも増えます

 

また、文章の場合、ためになる情報を書いても、違う言葉に言い換えられてしまうことがほとんど。

 

なので、権威性がない限り、引用されることはほとんどありません。

 

しかし、画像や図解は、ほぼ100%の確率で引用されます。

 

理由は、質の高い画像を作成するのは、コストがかかるので、引用した方が速いからです。

 

なので、デザインの経験がある方や、画像を作成してくれる方がいる場合は、積極的にオリジナル画像を使っていくと効果的です。

 

[st-kaiwa r1]被リンク獲得には、オリジナル画像がかなり有効です![/st-kaiwa1]

 

勝手に使っているサイトを見つけてリンクを貼ってもらう

 

オリジナル画像を作った場合によくあるのが、無断で使用されることです。

 

せっかく時間をかけて作ったオリジナル画像も、勝手に使われて被リンクを貰えないのでは損でしかありません。

 

この場合には、サイト運営者に対して、連絡をするのがベストです。

 

「今すぐ画像を消せ!」と言いたくなりますが、それはかなりもったいないです。

 

もし相手のサイトを見て、良質なリンクになりそうな場合には、「リンクを貼ってください」とお願いしましょう。

 

こうすれば、被リンクの獲得になり、SEO効果を得ることができます。

 

リンクを貼ってもらうようにお願いするのはペナルティじゃないの?

 

と思うかもしれませんが、本来なら引用先のリンクを貼るのが正しいのです。

 

正当な権利を主張しているだけで、やましいことは何もないので、ペナルティではありません。

 

相手が間違ったことをしているので、自信を持って対処しましょう!
しゅん

 

被リンクについてのよくある疑問・注意点

 

最後に、被リンクについてのよくある疑問と注意点を確認しておきましょう。

 

自分でサイトを作ってリンクすれば良いのでは?

 

SEO初心者でよく勘違いするのが、「自分でサイトをたくさん作ってリンク貼ればいいのでは」問題です。

 

結論、これはペナルティ対象になります。

 

スパムリンクで紹介した、「自作自演サイトからの被リンク」に当たります。

 

この方法で、検索上位を獲得していたので、禁止されている行為です。

 

絶対にやらないようにしましょう!
しゅん

 

同じアンカーテキストを使いすぎない

 

アンカーテキストは、リンクを貼った時の文章です。

 

SEOを成功させる記事・ブログの書き方【記事設計からライティングまで徹底解説】

 

この青くなっているテキストが、アンカーテキストです。

 

同じ言葉を使っているアンカーテキストからの被リンクが多すぎるのは、Googleから不自然と判断されることがあります。

 

普通はないのですが、あまりにも同じサイトからリンクがある場合には注意が必要です。
しゅん

 

SNSからの被リンクはSEO効果ある?

 

結論、SNSから被リンクはSEO効果はありません。

 

例えば、Twitterに自サイトのリンクを貼ります。

 

被リンクにはなっているんですが、SEO効果はありません。

 

これは、「nofollow」という設定をされているためです。

 

「nofollow」を簡単に説明すると、SEOパワーをリンク先にあげないようにする設定です。

 

この設定がされていると、ドメインパワーが上昇するなど、SEO効果のあることが起きなくなります。

 

直接の影響はなくても、SNSでの宣伝はアクセス数を増やしたり、ドメインの力を上げるためには有効です。

 

被リンクの効果はないですが、どんどん活用していきましょう。

 

SNSは被リンク目的ではなく、アクセス数を増やしたりするために使いましょう!
しゅん

 

「nofollow」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

nofollowでSEO対策はできるのか サムネ
nofollowは今でもSEO対策ができる?【WordPressブログでも使える】

  nofollowって何?SEO対策には使えるの?WordPressで使う方法は?   今回はこんな疑問にお答えしていきます。   結論から言うと、nofollowはS ...

続きを見る

 

被リンクとSEO効果|まとめ

 

被リンクには、2種類あります。

 

  • SEO効果あり:ナチュラルリンク
  • SEO効果なし:スパムリンク

 

ナチュラルリンクがもらえたときのメリットは以下の通りです。

 

  • ドメインパワーが上がる可能性あり
  • クロール頻度が上がる

 

被リンクを獲得するためには、こちらが効果的。

 

良質なコンテンツ作り

ユニークな画像・図解の作成

 

被リンクを獲得して、検索順位をアップさせましょう。

 

合わせて読みたい

長文SEO サムネ
【2021年】長文SEOは今でも有効な理由【ただし、危険性もあります】

  長文SEOって何?長文SEOは今でも有効なの?長文コンテンツを作る際のポイントは?   今回は、こんな疑問を解決していきます。   結論から言うと、長文SEOは今でも ...

続きを見る

SEOオススメ対策本 サムネ
【2021年版】SEO対策におすすめの本8選。レベル・ジャンル別に紹介。

  SEO対策を学べるオススメの本を知りたい。レベルにあったSEO対策本を知りたい。内部対策・ライティングなどジャンル別のおすすめも知りたい。   SEO対策のオススメの本はこちら ...

続きを見る

オススメ記事一覧

セールスコピーライティング おすすめ本 サムネ 1

  セールスコピーライティングを学べる本でおすすめは何?いっぱいありすぎて何がいいのか分からない。   今回はこんな疑問に答えていこうと思います。   僕自身ライティング ...

Google アドセンス 合格 サムネイル 2

  Googleアドセンスに受からない。合格するためには何が必要なの?受かった人は何をしているの? 僕の運営するリスタBlogでは、11記事を投稿した状態でアドセンスに一発合格しました。 し ...

3

  「ペルソナ」って何?「ターゲット」と何が違うの?ブログで使うメリットは?どうすれば、ペルソナを決められるの?   今回はこんな疑問に答えていきます。   僕自身、売り ...

-SEO

© 2021 リスタ Blog Powered by AFFINGER5